2018年09月25日

みなさん!事件です!

先日、お店を終えて帰っていると、目の中に何かが入って来てどんっ(衝撃)
激痛exclamation×2
目が開けれないあせあせ(飛び散る汗)
あまりの痛みにのた打ち回っていると、何かしら嫌なニオイが…
なんと目に入って来たのは、
あの有名な、カメムシでしたもうやだ〜(悲しい顔)

激痛過ぎて、本当に目が開けられない状態exclamation×2
外にいたので、水で洗い流したかったので、引き返してお店に車(セダン)

お店に着いて、必死に水洗いexclamation×2
なんとか目を開けられるようになり、ネットで検索
「カメムシ」「目に入った」
いっぱい、ヒットするではないですかexclamation×2

内容を見てみると
激痛を例えていうなら、
“ガソリンか石油が目に入った時の痛さ”とそっくりなんだそうです。

カメムシのニオイの成分は、
“トランス-2-ヘキセナール”というもので
別名を“青葉アルデヒド”と言います。

目を失明させるほどの毒性はないと
言われてはいますが、皮膚の弱い人だと
やけどのような炎症を起こしたりと
人体に有害な物質です。

目の周りは、皮膚が弱いので、本当に火傷のような感じになりました。

2016-04-19_174600-300x210.png
本物は、グロい画像になるので、参考画像にて

次の日は、休みの日でしたので、目が腫れていたので、ずっと安静にし、
目の水分が奪われる感じがずっとしていたので、ひたすら目薬を差していました。

そして次の日は、更に目が腫れていたので、これでは人前に出れないと思い、
眼帯をして仕事をしました。

次の日には、腫れも引き、眼帯をせずにする事が出来ましたが、
みなさん「カメムシ」には気を付けましょう。
posted by フットママ at 14:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 五日市店より
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184512926
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック